胃カメラのことならご相談ください

守口市きよたクリニック

当院のご案内

当院では新型コロナウイルスやインフルエンザの検査はできません

発熱やせき、息切れなどの症状がある方は必ず事前にお電話をして頂いた上お越しください

11月8日(月)休診させていただきます

年末年始休診 12月29日(水)から1月5日(水)まで休診させていただきます

インフルエンザ予約開始しております 早めにご予約お願いします

当院は大阪府 守口市 (京阪守口市駅から徒歩2分) にある内科、消化器科の医院です。
当院の基本概念は次の2つです。

1.専門性をいかした消化器病の診断と治療
2.かかりつけ医として地域に根ざした医院

病気に関する正しい知識を提供し、患者さんと十分コミュニケーションをとり、親しみのあるクリニックを目指しています。
今までに胃カメラをして苦しかった方、
二度と胃カメラをしたくないと思った方、
苦痛の少ない胃カメラ(経鼻内視鏡、鎮静剤使用内視鏡)も行っていますので
ご相談ください。ヘリコバクターピロリ菌除菌も積極的に行っています

毎週水曜日午前は非常勤医師による診察、検査となります

 

 

 

 

 

 

お知らせ

インフルエンザ予防接種

2021年9月18日

2021年度のインフルエンザ予防接種を10月15日から開始します 予約制で行いますので、10月1日以降にお電話か窓口で予約をお願いします 本年度はワクチン入荷が少なく、当院受診歴のある方のみに限らせていただきます

続きを読む

今年のカレンダーは要注意です

2021年6月17日

オリンピックの影響で以下のように祝日が移動になっています そのためカレンダーでは7/19が祝日ですが、診療しております また、7/22,23は連休となっております。 また、8/9(月)は振替休日ですので、ご来院の際は ご…

続きを読む

水曜日診察担当医について

2021年4月1日

水曜日の外来を担当して頂いていた磯﨑先生が 松下記念病院から京都の康生会武田病院へ移動になりましたが、 今後も引き続き水曜日の外来、内視鏡検査などを担当していただきます。 院長同様よろしくお願いいたします。

続きを読む

院長 清田 啓介

専攻分野

ヘリコバクターピロリ菌除菌、機能性ディスペプシア、内視鏡治療

資格・所属学会

医学博士

日本内科学会 :  総合内科認定医・専門医
日本消化器病学会:消化器病専門医、近畿支部評議員
日本消化器内視鏡学会:専門医、指導医、近畿支部評議員
日本ヘリコバクター学会:ピロリ菌感染症認定医

略歴

昭和32年 兵庫県西宮市に生まれる
昭和51年 香川県立高松高等学校卒業
昭和57年 京都府立医科大学卒業
昭和57年 京都第二赤十字病院 消化器科
昭和63年 大阪府済生会野江病院 消化器科
平成13年 湯川胃腸病院 内科部長
平成14年2月 きよたクリニック開業
IMG_3034

院長ブログ

テルプラザ側
P1120081(1)
受付
P1080132

診療時間

時間
9:30~12:30 - -
16:30~19:00 - - - -

休診日:※日曜・祝日休診

● 非常勤医師

康生会武田病院 消化器内科部長 磯﨑 豊医師

 

当院でご提供している診療科目

内科

高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風などの生活習慣病、風邪、腰痛、膀胱炎、花粉症、骨粗鬆症、認知症など
何でもお気軽にご相談下さい

消化器内科

消化管疾患、食道炎、胃炎、胃潰瘍、大腸炎、ピロリ菌感染、痔など肝胆膵疾患  脂肪肝、肝炎、肝硬変、胆石、胆嚢ポリープ、膵炎など

内視鏡内科

上部消化管内視鏡検査を行っています。
上部とは食道、胃、十二指腸を指し、観察に加え病気が見つかれば細胞を採取して(生検)精密検査を行います。通常の口からの内視鏡のほかに、経鼻(鼻から)内視鏡。鎮静化内視鏡(鎮静剤を点滴して眠った状態で行う)も行っています。現在大腸内視鏡検査は行っておりません

経鼻内視鏡

当院では経鼻内視鏡検査(鼻から極細径内視鏡を挿入する検査)も行っています。下の説明を十分にお読みいただき、ご希望があればお申し出下さい。

予防接種

予防接種のご案内。当院で施行できる予防接種は以下の通りです。
インフルエンザ、麻疹風疹混合、耳下腺炎(おたふく)肺炎球菌、A型肝炎、B型肝炎、水痘(帯状疱疹予防)
すべて成人のみを対象としております。小児は小児科を受診して下さい

住所

大阪府守口市河原町10-15 テルプラザ1階
TEL:06-6992-5517

アクセス

お車の方は京阪百貨店の駐車場を使用して下さい。

受付でお申し出頂ければ、2時間までの割引券をお渡しします

(割引券は他の割引とは併用できません)

内視鏡検査を受けられる方は、お薬の影響で眠くなることがありますので、お車での来院は避けてください。

お気軽にお電話ください。

病気に関する正しい知識を提供し、患者さんと十分コミュニケーションをとり、親しみのあるクリニックを目指しています。