狂犬病の予防接種って必要ですか? と職員さんに聞かれました。

何でも、予防接種をしてから体調を崩すワンちゃんが多く、ひ弱なワンちゃんを飼っているので心配とのことでした。

日本では何十年間も狂犬病の国内発生はありませんので必要ないのではないか?という気持ちはわかりますが、決まりですから受けて下さいと説明しました。

 

犬のことはさておき、麻疹風疹の予防接種が昨年4月から定期接種として、中学1年、高校3年に実施され、公的補助がありますので無料で受けられます。

学校からプリントなどの案内があるはずですので、保護者の方は必ずお子さんに受けさせて下さい。守口は特に接種率が低いそうです。

お子さんの健康を守るため、しいては国民全体の健康を守るために保護者の義務として考えて下さい。

最近は大学や専門学校でも接種を受けていない場合は入学できない、あるいは実習に参加できないなどの規定を作るところも増えているようです。

こんなに大事なことは国がもっと本腰を入れて、啓蒙をはかるべきだと思いますが、今は新型インフルエンザで手一杯だと思います。

訳のわからないことに不安になってもしょうがないので個人できること、明らかに効果があることはきちんとしていきましょう。

 

それにしても犬のワクチンはべらぼうに高いですね。